FC2ブログ

キックボクシングジム 烈拳會の活動報告

カウンター 

カテゴリー 

リンク 

このブログをリンクに追加する

カレンダー 

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ 

 

J-NETWORK2006年新春第1弾興行
“GO! GO! J-NET '06 ~Light my fire!~”
1月9日(月)後楽園ホール大会に細川選手の参戦が決定しました。
第5試合58㎏契約3回戦
対戦者 木村孝明(レグルス池袋)

細川選手の活躍に御期待下さい。
スポンサーサイト



2005/12/22 03:37|J-NETWORK関連TB:0CM:0

 

2005・12・18(日)

  ②051218_1145~02.jpg  ③051218_1225~01.jpg  
051218_1230~01.jpg  ⑤hutago.jpg  写真は、試験直後に撮影。
写真①左から、光田君(美原北支部) 長嶺君(八尾南支部)
   ②左から、山本君(平尾支部) 堀田君(高鷲支部)  飯坂君(美原北支部)
   ③左から、水戸岡君(平尾支部) 竹内君(藤井寺支部)
   ⑤左から、久津輪君(平尾支部) 大森君(平尾支部)
   ④左から、清水孝冴&良冴(平尾支部)
回を重ねるごとに、審査内容&受験者レベルがアップしていると感じました。その中でも前半では、決戦出場の長嶺君&久津輪君が、攻守のバランスが良く安定した組み手をしていました。それ以外では、1年生にして今回、3級茶帯試験に合格した竹内君。
常に竹内君の一歩前を行く、清水君兄弟(双子!)三人ともまだ1年生!三人だけじゃなく、少年部は試合中にカ~ってならなくなれば…決戦にもっと選手出れるのに…
051218_1227~01.jpg写真は、珍しい3ショットです。
後半は、又後で。
2005/12/20 03:51|少年部TB:0CM:2

 

今年から、プロキックボクシング連盟「J-NETWORK」へ加盟。
直後、7月31日(日)ディファ有明大会での「細川裕太」のデビュー
戦が決まった。相手は、総合格闘技出身の辻選手(ODJ)。実際??謎だらけ、
キック業界の右も左もわからず、またセコンドとしての能力にも未熟な
我々ではどうなるものか?と不安がよぎる。去年の大阪大会(04・11・14ビデオ販売中)で急遽参戦したものの、岩切選手(月心会)に対して何の対策も立てず惨敗!
膝で額をカットされ、細川自身苦い経験をしている。
しかしそんな不安をよそに、パンチ、膝による相手の額カット+出血で
ドクターストップによる「2RTKO勝ち」!次回につながる良い試合でした。

写真は、試合後控え室前にて撮影。



▽続きを読む▽
2005/12/17 05:28|J-NETWORK関連TB:0CM:0

 

12月4日(日)大阪「舞洲アリーナ」で行われた「大阪グローブ空手道連盟~決戦Ⅱ~」の結果です。
烈拳會からは4名の選手が出場しました。
第5試合 小学2年生男子の部 軽量級


久津輪 将充(平尾支部)判定勝ち
 :試合前には圧倒してしまうだろうと予想・・しかし始まると
  1R開始早々は良かったものの、後半相手に先手を取られて
  しまう展開に・・・結局カウンターの膝や首相撲の展開で、
  巧くしのいでの判定勝利でした。
第8試合 小学3年生男子の部 重量級


長嶺 諒 (八尾南支部)判定負け
 :テクニック、ハート、共に大阪ではトップの選手なだけに、悔しい
  負けでした。なれないリングの為か変な緊張でガチガチの1R・・
  お互い「前蹴り」からの展開になりガードが下がったところを相手
  のパンチから首相撲の展開・・・左ミドルや左膝を効果的に使える
  長嶺君なのにパンチに固執してしまい判定負けでした。
第10試合 小学4年生男子の部 重量級


吉岡 勇希(太子支部)判定勝ち
 :試合前、スタミナ不足を心配されていた選手。
  しかし開始早々左右のストレートからの左ミドルで相手を圧倒!!
  少々雑なテクニックながら完勝しました。一度も危ない場面が無く
  安心できる試合でした。
第12試合 小学5年男子の部 重量級


森 達也 (美原北支部)判定負け
 :試合開始~終了まで、森君が先手を取った印象は残りませんでした
  ・・・基本的は、リードジャブから右ローキックもしくは、左への
  サイドステップから右ミドル、その展開を作って首相撲の予定が、
  向こうの圧力に下がってしまいパンチが大降りに、やっと首相撲の
  展開になれば相手選手が先に膝蹴りを出し・・・っと僕の目には、 
  圧倒されたように見えました。が周囲の先生方の評価は高く、
  完成度の高いトータルバランスに優れた選手とのコメントを
  頂きました。

以上が試合結果です。前回大会より大会自体がレベルアップ
しているとはいえ、出場選手が4名で少年部ばかりとは・・・
来年に期待したいと思います。
2005/12/17 04:55|少年部TB:0CM:0

◎プロフィール◎ 

烈拳會代表 池田強宏

Author:烈拳會代表 池田強宏
J-NETWORK加盟
大阪キックボクシングジム『烈拳會』です。
関西を中心として、各アマチュア大会や、プロキックボクシング興行等へ出場中です。いっしょに
『強く・優しく』
なりませんか?
メールでのお問い合わせは
24時間受付中です。
rekkenkai@gmail.com

アクセスランキング 

[ジャンルランキング]
スポーツ
5004位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
317位
アクセスランキングを見る>>

ランキングに参加してます 

FC2Blog Ranking

最近の記事 

Copyright(C) 2006 キックボクシング「REKKENKAI-烈拳會-」大阪キックボクシング&グローブ空手 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.